関節リウマチ膠原病は、民間療法の効く治療法・食事療法等で完治をサポート!

関節リウマチのセミナーと相談!

治る法則、代替療法、食事療法で改善を!

関節リウマチ講演会・セミナーのトータルテーマ  

「リウマチは何が原因で発症し、どうしたら完治するのか!」   

 治したいけど、リウマチとは何か分からないから治せない。何をしたらいいのか分からない。 それなら分かればいいわけです!分かったら、治し方・生活の良し悪しが判断できるようになり ます。向こうから必要な知識がやってきます。

 ~リウマチを完治させるために知っておきたい3つのポイント~

 ①発症原因(多面的要素)を知る ②治る法則を知る  ③治す方法を多く知る!出会う!

 

関節リウマチを自ら食事療法や各治し方で改善する講演会・セミナー・相談!

   病院では聞けない話!

関節リウマチの講演会・セミナー・相談を福岡市で安靖が開催している内容は、リウマチを自分で治す方法やリウマチの薬を使わない治し方です。リウマチはアレルギー疾患なので自律神経が大きく関係しています! 治る法則、日常生活指導、食事療法、代替療法、民間療法等の改善方法でコーディネートして完治させるのに向いています。完治とは、治療費が不要になることです。

あなた独自の治し方プログラムを作りませんか!

理論も実行も簡単! 副作用もなし! 

こうなったらリウマチが治るという目標に向かって            自分の体調をコントロールしてゆく!

 

【10年以上の実績!全国対応!】

アトピー性皮膚炎3日! 咳・喘息1ヶ月!
リウマチ膠原病半年! で完治の例!

【このページの目次】

  1. 対象者とご利用案内先
  2. 当治し方のQ&A (関節リウマチ他の悩み別「治し方」はある。)
  3. 原因は? 関節リウマチとは?膠原病・アトピー・咳・喘息の原因と同じ
  4. 関節リウマチ膠原病が完治した治療!治療方法も多面的

 ※その他のお役立ち情報
胸郭出口症候群の治し方は関節リウマチの民間療法の治し方になる
重症筋無力症と膠原病にも効く関節リウマチの治し方!考え方!
気象と健康

 

セミナー(講演会) 詳しくはこちらへ      

 セミナーの内容はリウマチ膠原病は何が原因で発症するのか、どうすれば関節リウマチは治るのか」など、病院では聞けない話を毎回テーマを決めて行う予定です。講演会・相談もあります。

 

人相談   詳しくはこちらへ 

 あなた独自の薬を使わないリウマチの改善方法と自らできる食事療法、温まる方法等日常生活指導を個人面談と電話相談で行います。

【対象者】とご利用案内先

対象の疾患

対象疾患は関節リウマチに限定させていただいております。また、患者でないリウマチ疑いや初期症状の兆候が気になる方も対象者です。
その患者様の合併症であるアトピー・膠原病・咳・喘息はいっしょにサポートさせていただきます。

 ■1.少人数講演会・セミナーの対象者

福岡市内近郊の方必見!

 対象者は治療薬使用の患者様から使用していない患者様、疑いのある方、家族の方、初期症状の兆候がある方等、
患者ではないがリウマチについて気になる方までです。お気軽にご参加下さい。

 

■2.個人相談の対象者

対象は病院で診断を受けた方で、リウマチの患者様と疑いのある人、初期症状の兆候が気になる本人様です。電話相談や面談でサポートします!
ただし、リウマチの治療薬を使用していない方に限ります。

また、「半年で完治するという目標を持って努力ができる人」です。
なお、下記の方は対象外です。
・治療法、生活改善の結果を2~3日で求める方や、数年間かけて治そうとする方
・関節リウマチが治ると困る方・不安な方
・本人以外の方
・治療薬を使用している方
・高額な治し方を好む方、逆に治療費を出そうとしない方

 

目次へ戻る

 

 【当治し方のQ&A 関節リウマチ他の悩み別「治し方」はある!】

一人で悩まず、こんな困った悩みをご相談ください。
~電話相談で気軽に話してみませんか、解決策がきっと見つかります!~

Q1.関節リウマチがどうしたら治るかという法則を知りたい。

A1.当方にはリウマチとはこうなったら治るという法則があります。それを元に食事療法、日常生活指導、民間療法の治療など薬を使わない治し方でご自分の体調をコントロールしてゆきます!あなたもあなた独自の治し方プログラムを作りませんか!

Q2.病院の治療薬が体質に合わない、薬の副作用が恐い等の理由で、関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息の薬を使わない治し方はないのか。

A2.あります。むしろ治療薬を使わない人の方が関節リウマチの初期症状の兆候がある人から発症20年目の人まで当治し方の治る確率が高いです。

Q3.関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息を治す食事療法を教えてほしい。

A3.当方とリウマチ患者様の体験談と科学的エビデンスに基づく納得いく食事療法を教えています。リウマチの原因、悪化する悪い食べ物や良い食べ物、また治る法則を基に食事を組み立てるなどの内容です。

Q4.自然療法の民間療法・代替療法の治療法、サプリメント・健康食品・健康治療器具等いろいろな治し方をやっているのだが、迷路に入ってなかなか治らない。原因を知り、整理して、どうしたらリウマチが治るのかを知りたい。

A4-1.関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息は多面的要素が原因で発症するので、自分の状況が分かりにくい病気です。
当方は、エビデンスに基づいた理論・治る法則(目標)・各知識・経験による裏付けがあります。あなたの状況を一つ一つ納得のいくように解説し整理すると、どうしてリウマチは治るのか、目標ができます。

A4-2.改善しない場合、もう一つの答えとして治し方は同じでもレベルが低い場合と、本来リウマチなどに効く治し方を行っているのだが、様々な禁忌事項を行って足を引っ張っている場合があります。

Q5.病院の診断の時、医師から、『関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息は原因不明の難病で、一生治らないと言われたが、完治させた治療法はあるのか。

A5.あります。当方では、病院治療以外のリウマチ等の治し方の漢方薬・鍼・健康食品・湯治温泉療法等の自然療法、民間療法、代替療法等の実態情報を知っていただき、当方の長年の経験談と患者様の闘病記からの改善させるために利用する意味と治癒実績のある治し方をコーディネートしています。

Q6.病院では原因不明と言われたが、持病の関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息を完治させるため、自分は<何が原因で発症したのか>、<どうしたら治るのか>、<アレルギー疾患、リウマチは治るのか>納得のいく説明を聞きたい。また、自分の今の状態を知りたい。

A6.あなたの書き込んだ<生活の実態調査表>に答えが出ています。

Q7.つらい冷え症を体質改善し、体温アップをさせたい。冷え性の治し方を知り、楽になりたい。

A7.当方の入浴方法と食事療法なら、短期間で体質改善します。

Q8.関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息に効く入浴方法、湯治温泉療法を知りたい。

A8.エビデンスのある目に見える方法でリウマチ等の入浴方法での治し方を指導します。

Q9.薬を使わず、関節リウマチ膠原病の痛みをとるとりあえずの方法を知りたい。

A9.あります。薬なしで関節リウマチの痛みをとりあえず緩和する治し方は、いろいろ持っています。

Q10.薬を使わず、アトピーのかゆみをすぐ取る方法を知りたい。

A10.あります。

Q11.薬を使わず、咳・喘息を改善する治し方を知りたい。

A11.あります。1ヶ月で治ったり、治ると確信するでしょう。

Q12.家族がリウマチなので、初期症状の兆候ではないかと心配です。予防法はないですか?

A12.当方の食事療法等の日常生活指導を行うことが予防法になります。リウマチ初期症状の兆候の時期は治療効果も早く出て早期に治ることでしょう。

Q13.安靖のサポートを受けると必ず何か購入しなければならないのですか?

A13.関節リウマチは多面的要因で発症しているので、特定のものを使ったからみんなが完治することはなく、健康食品の販売目的にはできません。コーディネーターが必要な疾患と思ってサポートを行っています。

Q14.リウマチが完治するまでの治療期間はどのくらいですか?

A14.私が個人的に聞いた話では、東洋医学の治し方の鍼、漢方等、うまくいった場合、完治まで2~3年といったところだと思います。現在のところ、病院治療は完治しませんが、対処療法で抗リウマチ薬が効くまで早くて2~3か月だと思います。治療効果と副作用の点で2~3年かかったり、合わない場合もあります。当サポートではうまくいった場合で、完治まで半年を目標としています。何らかの状況で伸びた場合でも1年以内を目標にしています。

Q15.安靖のサポートを受けるとリウマチの相談料金・治療費・食費などその他経費にどんなものがかかりますか?

A15.安靖の個人サポートリウマチ講演会・セミナーの各ページに詳しく載せています。各ページを見れば関節リウマチの治し方の内容もあり、具体的なイメージもわかります。

Q16.便秘を治したい等その他のこと。。

A16.いろいろあります。

 

【原因は? 関節リウマチとは?膠原病・アトピー・咳・喘息の原因と同じ!】

【リウマチとは】

関節リウマチ、膠原病、アトピー性皮膚炎、咳、喘息等のアレルギー疾患は、西洋医学・現代医学の病院で、「原因不明の難病で一生治らず、治療は一生対症療法を行う。」と言われます。科学的エビデンスを重視する西洋医学では関節リウマチとは何かと科学的に説明しようにも全てのリウマチ患者にあてはまる原因物質が発見できないからだと思います。

当方の考えるリウマチとは、「何らかの心身のストレスを受けて自律神経が失調すると、その本人の持っている遺伝的要素の病気が発症する」との原因説を大筋で支持しています。そのため、アトピーと咳喘息とリウマチと膠原病(その中の何種類か)を同時に複数抱えている患者さんがいらっしゃるのも不思議ではありません。したがって、大筋では治す考え方、治し方も同じになります。それで、同じホームページになっているわけです。関節リウマチが完治すると、合併症の他のアレルギー疾患も完治する現実は、原因が同じなので当然です。関節リウマチとは何かをこれからも考える時、自律神経系原因説を基本にすることです。あなたの今までの生活と体の不調を振り返ると説明がつくと思います。以上を元に治療、治し方を考えます。

各病気の状況・特徴と自律神経の具体的な説明は、各ページやサポート時に説明しています。

【関節リウマチの具体的原因は多面的】

今までの当方の体験談と関節リウマチ患者様の闘病記から、子どもの頃から成人までアイスクリーム等の冷たいものを食べ続けていた等の食事の原因から、夜も寝ないで遊んでいた、仕事をしたとか、失恋した、転んだ、交通事故に遭った、等の原因まで多岐にわたります。環境面では、住居の内部外部の環境の変化による悪影響から、リウマチ膠原病が発症する例や、リフォーム後の接着剤の臭い成分等の影響により咳喘息やアトピーが発症した事例もあります。

このように、アレルギー体質の人が心や体に何らかのショック・ストレスがあった時、自律神経系が失調し関節リウマチ、膠原病、アトピー、咳、喘息になるようです。以上にならない人は他の病気になります。科学的エビデンスとよく言いますが、原因は自律神経ですが具体的に一つの原因を追求するものではなく、具体的な原因は多面的なものと考えた方が、効く治療につながるのではないでしょうか。湯治温泉療法、鍼治療、漢方等の民間療法や食事療法、入浴方法等の日常生活指導、改善の治し方を現実的な効く治療法として使えるように思われます。治る確率が上がると思います。

以上のように多面的要素から発症している病気のため、関節リウマチの原因の論理、原因の生活を正確に掴み適切な治療、治し方をサポートするコーディネーターが必要だと思われます。

【リウマチの初期症状の兆候の時の予防法!原因生活をやめる事!】

当方で聞き取ったリウマチ患者様の闘病記から何らかの関節リウマチの原因に遭遇した時にただちにリウマチが発症することより「今考えると関節リウマチと診断される2~3年前から初期症状の兆候があった」と多くの関節リウマチ患者様はおっしゃいます。こわばりや関節の痛みの他、肩こり、不眠症、冷え性などの自律神経の不調症状に後で振り返ると気付きます。

その関節リウマチの初期症状の兆候の時期に、食事療法などで前述の原因生活を改善することが、関節リウマチの予防法となります。

それに加えて早期治療(民間療法の治し方)を行うともっと治るのが早いです。自律神経の失調になりかかっている時期なので、戻るのが早いのだと思います。

関節リウマチの初期症状の兆候があると思える方はリウマチと診断される前の時期に当サポートの日常生活指導を学習し、原因生活を改善して早期に完治してほしいと思います。最近はリウマチと診断されると、治療薬の投与がすぐ始まることが多く、そうなると断薬も簡単にできず、副作用など治療薬にも気を使って他の治療や生活改善を考えることになり、複雑化していきます。早期に当方の日常生活指導の知識で生活改善することはリウマチの初期症状の兆候の時の副作用のない予防法です。

 

【関節リウマチ膠原病が完治した治療!治療方法も多面的】

【リウマチ治療・治し方の現状

現在の病院治療は対処療法で完治しませんので、寛解を目指します。
これからのことは、完治を目指す治療・治し方のお話です。その中には、リウマチを難しく考える人には、意外と思える治療とはいえない、癒やし系のものや市販の健康グッズまであります。
原因も多面的ですが、関節リウマチ膠原病、アトピー性皮膚炎、咳喘息が完治した治し方も多様です。

代替療法・民間療法の治療サプリメント、健康食品、食事療法、湯治温泉療法等々治った方法は数え切れないほどです。
しかし、その中の一つ一つの治療法だけで完治させようとすると、治る確率がかなり低いようです。(ただ、治る人もいるのでムダなことではありませんが)
例えば、AさんとBさんは同じ病気で同じ治療を行いました。しかし、Aさんは完治したのに、Bさんは完治もしないし全く効果がない、というケースがたくさん起こっています。
以上のように、リウマチの原因も完治した治療・治し方も、具体的にはかなり多面的なものです。何をしていいのか全くわからない人も、少し改善した人も、完治させるのに悩むのも当然です。サポートが必要な病気です。
以下、これから関節リウマチを完治させるための治療選び、治し方の考えを私なりにコーディネートしたいと思います。

【関節リウマチの治療や治し方の知識と考え方】

いろいろな治療法・治し方や食事療法等の生活改善の日常生活指導を行っても長く患って治らないのは、その患者様の関節リウマチ膠原病、アトピー、咳喘息の多様な発症原因に対して、治るための多面的要素の中の何かが足りないからです。
関節リウマチに必要なその知識・手段を知らないからです。そのため当方はサポートを行っています。一つの手段のみを求めて、特効薬を飲んだらスグ治る式の考え方では必ず当たるとは限りません。その解決には、治る法則を知ることです。それに合った各治療・治し方、日常生活指導等を多面的に行うと確率がアップします!

【関節リウマチの治療で完治するために必要なもの 正しい理論】

アトピー、関節リウマチ・膠原病、咳喘息の治る確率を上げるためには、こうなったら治るという正しい理論・目標(治る法則)を持って、その幾つかの法則に沿ったプロセスを踏むことです。
当方では、患者様の生活実態をもとに、一緒にそのような治し方プログラム作っていきます。

治療法より、病気に取り組む根本理論が正しいことが完治への第一の関門です。これが間違っていると、宝くじに当たるような感じでしか治ることはないかもしれません。
例えば、脚気(かっけ)は、歩行障害、死に至ることもある病気です。
明治時代、国民間に蔓延しました。日清戦争では、22万8千人の日本軍のうち4万人余りが脚気を患い、そのうち4千人余りが死んだというのです。戦争死は453人でした。その時、陸軍は、原因を伝染病と主張する。陸軍軍医の森鷗外(本名森林太郎、小説家・医学博士)が、海軍は、原因を食事栄養のアンバランスと主張する東京慈恵医科大学の創始者海軍軍医高木兼寛が、それぞれ中心となって治療・治し方の研究を競い合いました。その結果、高木兼寛の海軍は、食事療法で麦をとることで栄養バランスが良くなり(後にビタミンB1と判明)、脚気の患者が激減しました。一方、森鷗外派の陸軍は、伝染病対策で住居の清潔等に尽くしましたが、上記のような脚気の患者の大量発生となりました。
【参考文献『スキャンダルの科学史』(朝日選書)】

知人から、Aさんが御主人のガンを治すため漢方医の資格を取ろうとしている、という話を聞きました。
ところが、その話を聞いた1週間後、日本漢方の最高権威の先生がマスコミに出て、「ガンは、漢方だけでは治りません。」と言ったのです。

関節リウマチ膠原病・アトピー・咳・喘息においても、その疾患に良いということではなく、世間で体に良いと言っているから食べ物や健康食品を摂っているという人をよく見かけます。噂の健康食品の中には、あなたの疾患を完治させる目的で改善させるものと、症状の緩和だけで完治を目的とできないものがあると思います。世の中には、さまざまな治療法・治し方・食事療法があふれており、その立場で、それぞれがそれぞれの理論を信じて治癒させる努力をしています。しかし、以上のように大本の考え方・取り組み方がその病気に合っていなかったら、根本の理論が間違っていたら、高度な知識・学術論文や技術でさえ何も役に立たないのです。あなたの疾患の治療・治す方法を求める前に、大本の正しい理論が求められると思われます。大本が間違っていればとんでもないことになり、大本が正解ならわずかの努力でも悪くならず、少しでも助かっていくのです。

【根拠あるリウマチの治療・治し方とコーディネートで確率アップ!】

リウマチ膠原病・アトピー性皮膚炎・咳・喘息の改善には、手段として根拠のあるものを使うことも治る確率をあげます。
当方では、陰陽論等は使いません。医学情報、科学的知識や当方の体験談と患者様の闘病記によるエビデンスに基づいた情報法則を使います。そのため、今までの生活・今の生活が、関節リウマチと他のアレルギー疾患の患者様にどう影響しているのか!結果はあなたの症状として出ています!その原因もはっきりしています!当方にはそれに対してどうするかという治療と治し方の多面的情報があります。そのため、あなたがその情報を実生活で駆使した分の努力の結果は、症状の改善自然治癒として現れます。あなたの体の苦痛を緩和するでしょう。
関節リウマチ膠原病・アトピー性皮膚炎・咳喘息は、多面的要素が原因で発症している病気です。コーディネーターのサポートにより、治す確率を上げ、迷路に入らないようにすることも求められると思われます。

 

リウマチ相談窓口

◆24時間メール受付

hzw03430@nifty.ne.jp

◆お問い合わせ電話(無料) 

◆リウマチ相談電話(有料)

     092-511-3234

皆様のご相談が当方の力になります。

アトピー・リウマチ情報センター 安靖(あんせい)   

〒815-0032  福岡市南区塩原3-1-23-105

 

 

 

 

Blog

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

【10年以上の実績!全国対応!】

アトピー性皮膚炎3日!咳・喘息1ヶ月! リウマチ膠原病半年!で完治の例!

RSS リウマチ膠原病の各治療法・食事療法・民間療法で治るための感想ブログ

PAGETOP