関節リウマチ膠原病は、民間療法の効く治療法・食事療法等で完治をサポート!

関節リウマチ・膠原病に効く温泉湯治のこと、体質改善する入浴方法をサポート!

  • HOME »
  • 関節リウマチ・膠原病に効く温泉湯治のこと、体質改善する入浴方法をサポート!

関節リウマチ・膠原病・アトピー・咳・喘息に効く温泉湯治療法、科学的入浴方法だから冷え性が1か月以内に体質改善し、治る人続出!

特集! 家庭のお風呂の入浴は立派な温泉湯治療法です。
関節リウマチ・膠原病に効能のある温泉になるその理由?

 温泉ライターの西村りえ氏のお話しでは、ミネラルの鉄や硫黄、塩分、炭酸、ラドン、ラジウム等、国が定めた規定以上の成分が一つでもあれば温泉だそうです。
例えば、海水浴でも立派な温泉だそうです。何故なら、海水と温泉は構成成分のミネラルがほとんど同じだからです。そう言えば、海水浴でアトピー性皮膚炎が治った,水虫が治った、といったことをよく聞きます。これらもたまたまあった珍しいことではなく、当たり前のことなんですね。

もう一つの国が定めた温泉の規定は、25℃以上の温度があることです。
以上、いずれか一点、国が定めた規定以上の成分と温度があれば、立派な温泉だということです。

また、温泉は成分が濃いわけではなく、濃ければ良い温泉ともいえないようです。その人の状況(病気の種類や目的)によることや温泉の入り方によって、効果も違ってきます。シャワーの人は別として、よくよく考えれば、日本人の昔からの習慣である入浴は立派な温泉なのです。

家庭の入浴で冷え症等の体質改善、入浴している間だけでもリウマチ膠原病、アトピー等の症状が改善したり治ったりということを他の人から聞いたり、当方のサポートの体験から見てきています。
また、長く続けると入浴中でなくても日常でも体質が変わっていきます。

当方が入浴のページを作っているのもお分かりいただけると思います。

温泉湯治療法も、症状、入り方、お湯の温度、成分等の条件が違うように、家庭のお風呂でも良い条件が作れます。
そのような知識(食事療法も含んだ入浴知識)を当サポートで体験しながら覚えていくことで、入浴の効果を上げ体質改善してほしいと思います。

家庭の入浴で体質改善させるポイントは、熱心に行うこと。<継続は力なり>と申します。長く続ける事が力となります。スグ効くものには副作用があり、数ヶ月かかるような体質改善には副作用がありません。冷えは万病の元、関節リウマチ・膠原病・アトピー・咳・喘息の改善へと繋がります。

 ●入浴関連ブログはこちらへ
温泉ライター西村えりさんのブログはこちらへ

1.昔から人々は民間療法として入浴健康法を行ってきた!

アレルギー疾患の関節リウマチ・膠原病・アトピー性皮膚炎・咳・喘息の人に限らず、冷え性・神経痛・腰痛・皮膚病・ガン・けが・交通事故の後遺症等々の改善を目的に世界中の人々は、様々な入浴方法を行ってきました。

  • 日本は火山国なので、温泉湯治療法でリウマチ・膠原病・アトピー等が治ったという人の話をよく聞きます。
    ラドン温泉・炭酸泉・塩湯温泉等、いろいろな温泉の種類を利用して温泉湯治療法を行ってきました。
    それぞれに効く効果が違うようです。
  • フランス等欧州では、入浴にミネラルを入れるミネラル療法があります。皮膚病等に効くようです。
  • 中国の古い漢方の本によると、皮膚病や傷を癒やすため温まる鉱物漢方として天然鉱石をお風呂に入れる
    入浴法を行っていました。

2.関節リウマチ膠原病・冷え性等の人の独自の悪い体質に、その人独自の入浴の仕方で対応する!

例えば、手足の冷え症状が治るにはどんな入浴法を行うか、関節リウマチ・膠原病を完治させるにはどういう入浴法を行うか。
その人なりの住環境・地域性・体質等も考えた上に、冷え症状が改善したり治ったりするにはどんな入浴の仕方が良いかとか、お風呂に入れる温まる入浴剤的なものは何が良いかとか考えます。
塩系も、岩塩入り入浴剤、塩湯入浴剤もあります。
昔から、日本人は皮膚病だったらいろいろな入浴剤的なものや温泉湯治療法を民間療法として取り入れてきました。リウマチに温泉湯治療法は定番です。
その人なりの独自の体質を良い方向へコントロールするための独自の入浴の仕方をサポートします。

3.当方の入浴方法の取り組み方

入浴で体を良い方向へコントロールするためには、民間療法として、お風呂のことだけでなく食事療法等私生活全般の過ごし方のコツも体質改善の強化のポイントです。

そのようなコツもサポートさせていただきます。単純にお風呂だけ入ってリウマチ・膠原病やアトピー・咳・喘息を完治させようとするより確率が高くなることでしょう。

健康な人向けの入浴健康法ではなく、
体質が悪い人のための入浴健康法でなくては!

本やマスコミに出ている健康な人のための健康に良い入浴法では、なかなか冷え症状やリウマチ膠原病の手のこわばり等不快な症状を体質改善することは困難なのが現実でしょう。
例えば、免疫にはお湯は何度が良いとか、半身浴が良いとか世間一般に公表されています。

しかし、現実は人によって異なり、またお風呂がある住環境もかなり人によって異なります。現実に42℃で入浴しても、寒い地域もあれば住宅 もあります。温泉湯治療法で10分入っただけで湯あたりしてのぼせる人もいれば、1時間の温泉湯治治療を行っても体が温かくならない人もいます。

その人の生活全般からみた人それぞれの独自のお風呂の入り方が必要だと思います。そのようなことも考えた入浴サポートです。体質が悪い人のためのお風呂の入り方が必要だと思います。
皆さんは、世間で公表されていることを現実に行っても効果が上がらないことはすでに経験済みだと思います。病気や症状が良い方向に改善したり、病気が治ったりしなければ意味がありません。健康な人にとっては気持ちの良い入浴ができるようになればよろしいでしょう。

民間療法・食事療法は幅広い知識があると治る確率が上がります。

4.体験者の声

  • 私は、アトピー性皮膚炎が治ると聞いて、ある健康食品を飲みました。ところが、逆に悪化しました。
    そんな時に入浴方法のサポートを受けました。すると、2~3日で元の状態に改善しました。
  • 道で転倒して痛みが発生し、病院での診断の結果、関節リウマチ(膠原病)と判明しました。病院でお薬をもらって飲んでいましたが、私にはあまり効かなかったのと一生薬を飲み続けても薬と縁が切れるわけではないと知りました。
    思い切って一切薬をやめて民間療法に!どちらかというと、東洋医学系の高額なマッサージのようなことをしていました。そして2年位、症状は一進一退の状態でした。
    そんな時、完治をめざして関節リウマチを治すサポートサービスを受けました。食事療法にはあまり興味がなく、主に入浴の仕方をサポートしていただき実践しました。半年位経った頃、リウマチの症状が消えてなくなりました。それから数年経った現在、一切の治療や前述のマッサージみたいなこともやめていますが健康です。 リウマチが完治したようです。
  • 私は、原因上明の皮膚病で悩んでいました。病院に行っても原因が分からず、かゆくなるとステロイドを塗っていました。しかし、皮膚が薄くなるので、サポートサービスを受けました。
    入浴方法を教えてもらって実践したところ、2~3日で完治しました。
  • 私は、咳・喘息で悩んでいました。カゼをきっかけに咳・喘息が悪化することが多くあり、病院でステロイドの治療等を行ってきました。手足の冷え症状等も他にあり、よく眠れない日もありました。
    そんな時、アレルギー疾患のサポートサービスを知り、その食事療法と入浴方法を実践しました。入浴法を行うと、手足の冷えが改善されよく眠れるようになりました。さらに、食事が体に与える影響を知り、自分がどうして咳・喘息になっているかが分かりました。
    現在も悪いものを食べているのですが、なぜそれでも咳・喘息にならないかは理解しています。以前よりましとはいえ、今でもいつ咳・喘息になってもおかしくない生活なのです。
    しかし、ならない方法を教えてもらって打ち消しているからです。理想の生活を学習しているので、それを実践すればもっと安全な状態なのですが、どうしても好きなことをやってしまうだめな私です。
    でも状況が分かっているから…。民間療法もばかになりません。
  • 私は、後遺症のため全身に冷え症状が出て、夏の風さえ冷たく感じるほどでした。
    そんな時、サポートサービスを受けました。入浴の仕方を学習しながら気づいたのですが、入浴法で体質改善されるにつれ、気持ちの良い温度も変わってくるようです。半年くらい入浴法を続けたところ全身の冷えがなくなりました。
    現在、どこか冷えがあってもスグ入浴で回復します。また、毎日入浴しなくても全身が冷えることはありません。冷え症が改善・完治したのでしょう。

 

当方で通販しているものをご紹介します。

こちらへ!(ここをクリックしてください。)

 

アトピーリウマチ情報センター安靖(あんせい) TEL 092-511-3234 【全国対応】お問合せ時間PM3:00~PM4:00、PM7:00~PM8:00(日曜日休み)

PAGETOP